更年期

【更年期で漢方を服用したいんですが、本当に効きますか?】


更年期で漢方を選ぶとき、
効くのか?効かないか??
効果があるのか?ないのか??
一番気になりますよね~(‘Д’)

ひとこと。

効きますよ♡


※間違えた漢方薬を選ばれて服用されていると

効きませんが・・・( ;∀;)

女性専門漢方家の

しんぽいちはるこです。

・・・でも
ここから先が
大事なポイント!




【どの漢方薬が効くのか?よりも、自分がどんな症状なのか?が大切!】

その前にちょっと・・・
一般的には50歳を境に
前後5年の10年間(45~55歳)を
更年期と言いますよね~。

更年期=更年期障害。
というイメージを持つ方が
多いと思いますが、違うんですよ。

更年期とは
変化・変わり目という意味合い。

そして、生理がある体から、
生理がない体へ変化する
継ぎ目の期間という意味。


私が大事に思って、いつも伝えているのは、
『次の人生への扉を開く』ということ。
なんです。

更年期に体と心を整えておくと
閉経後の人生が
ガラッと変わるから。


さて。
本題の漢方薬が効くのかどうか。

冒頭に
効きます。
って書いたんだけどね。

自分の症状・目的に合ったものを
ちゃんとチョイスしていれば効く。

例えば、2人の50歳の女性が
『不眠』が悩みだったとしても、

いくら年齢、性別、訴えが同じであっても
同じ漢方の処方になるとは限りません。

他に併せ持つ症状
(めまい、不安、疲れやだるさ、のぼせ、胃もたれなど)や、
体質・環境・食生活、、、

人それぞれ
全く違います。

だから
同じ処方にならない。


そして何より
私が漢方を提案する時に
一番大事にしていることはコレ。

あなたが
今、一番気になる症状が何で、
どうなりたいのか?

そこに
合わせてお話を進めている。

例えばね。
50歳女性の悩みが、それぞれ2人とも
不眠、イライラ、肩こり、寝ても抜けない疲れだとするでしょ。

Aさんは、
イライラと不眠を一番どうにかしたくて、
この先、他の症状も改善、不安を無くし
仕事も家庭も、楽しい未来を作っていきたい!

Bさんは、
寝ても抜けない疲れと不眠が悩みで
今、この疲れをしのげさえすればいい。

そんな2人だと、
全く違うアドバイスと
漢方の処方になる。

もし、今あなたが飲んでいる漢方が
効いていないとすれば、


あなたの目的・体質に
合っていないものを
選んでいるのかもしれません。

あなたは
どうなりたいですか?


更年期は
次の人生への扉を開くということ。

今、あなたが悩んでいるのであれば、
体と心を整えておくチャンス!

新しいステージへ!
楽しい人生へのグレードアップ!

更年期を
不安におびえるのではなく、
次の未来へステップアップするんです(^_-)-☆

次回は、

更年期の漢方薬について
よくある質問ベスト3!
について解説しますね(^^)/

あなたが
ますます元気で美しくなりますように♡